デジタル時代における今後の行政改革の基本的方向性(仮)中間報告案について

1.趣旨

 内外の諸課題に機動的かつ柔軟に対応するためには、既存の各府省の内部組織・配置等を、 デジタル時代の新たな行政手法にふさわしいものに不断に転換していくことが必要です。
 行革事務局では、デジタル時代に対応した組織・配置等の見直し(「行政組織集中レビュー」)の実施に向けて、今後の行政改革の基本的な方向性等に関して、幅広く有識者から意見を聴取しました。

「デジタル時代における今後の行政改革の基本的方向性(仮)」中間報告案

 本中間報告は、令和2年1月から5月にかけて行った有識者ヒアリングの結果を整理したもの です。今後、本報告に対する各方面からの意見聴取等をさらに行い、本年夏を目途に内容を更に拡充していくことを予定しております。
 本報告をご覧になった皆様方からの忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

2.応募方法

※募集を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

3.お問い合わせ先

不明な点などがありましたら、以下の連絡先までお問い合わせください。

内閣官房行政改革推進本部事務局
 吉原、神村、髙木、今村、志岐
 電話番号:03-6206-6751

サイトマップ

© Headquarters for the Promotion of Administrative reform Cabinet Secretariat, Government of Japan. All Rights Reserved.